HOME > プレス機製品紹介 >卓上油圧プレス

卓上油圧プレス機

自動車総合システムメーカー日立オートモティブシステムズ㈱が開発した「アツギ卓上油圧プレス」(APプレス)は、小型卓上プレス機の歴史を作ってきました。
自動車業界は、「コストと品質」という要求を満たすために、高度な生産技術が求められています。「アツギプレス」は、この厳しい環境の中で生まれました。

製品紹介

特長

  • 小型・軽量で組み立てラインの「圧入」・「カシメ」工程の自動化に最適
  • 加圧力は、油圧調整バルブの簡単な操作で自由に設定可能、加圧不足、加圧超過を防止
  • 「両手操作式押しボタン」、「二度打ち再起動防止回路」など高い安全性を確保
  • 小型で耐久性に優れた自動車のパワーステアリング用ベーンポンプの採用で低騒音・低振動を実現
  • 電源(3相200V)を接続で即時利用可能
  • コラム、ベース(ボルスタ)分離構造


仕様

型 式 能力(kN) ラム
ストローク
(mm)
ラム下降速度  (mm/sec) ラム
上昇速度 (mm/sec)
フトコロ
(mm)
オープン
ハイト
(mm)
モーター仕様 重 量
(kg)
アプローチ時 加圧時
AP-1L 2.5~10 150 115 145 180 250 3相AC200V 4P1.5KW 300
AP-2L 5~20 60 78.3
AP-3L 6~30 46.7 56.7
AP-2LH 10~20 115 60 78.3
AP-3LH 15~30 128.3 53 91.7
AP-5LH 20~50 128.3 38 56.7
AP-5KL 350 36 250 270
AP-10KL 40~100 200 180 19 200 225 350 500
AP-30KL 80~300 250 250 22 200 250 450 3相 AC200V 4P3.7KW 1200

*アツギ油圧卓上プレス機、AP-M型シリーズ機種統合による生産終了のご案内。

専用機組込用プレスユニット

L/KL型(但し30KLは除く)を基本にベース(ボルスタ)及び電装を除いたプレスユニット

  • 省スペース
    ユニットの大きさ 幅×高さ=(350~505)×(851~1125)mm
  • 加圧力10~100kN
    10/20/30/50/100kNの豊富なバリエーション
  • 重量(140~400kg)

 

型式 L type KL type
AP-□L、□LH-BE/L AP-□KL-BE/L
APプレス基本型式 AP-1L/2L/3L/2LH/3LH/5LH AP-5KL/10KL
駆動モーター 3相AC200V4P1.5KW
ソレノイドバルブ 下降用 SOL1 ○コイル電圧は100又は200V ○コイル電圧は100又は200V
上昇用 SOL2 ○コイル電圧は100又は200V ○コイル電圧は100又は200V
高速下降用 SOL3 - ○コイル電圧は100又は200V
マイクロスイッチ 上昇端用 LS1
下降端用 LS2 ○(測度切替用)
端子台(18P) 線番は標準機と同じ取説参照 ○コイル電圧は100又は200V -

オプション

  1. オイルクーラー
    上昇した油温を下げるためのファンクーラ*1
  2. ラム下降絞り弁
    プレスラム、下降スピードをコントロールするための絞り弁*2
  3. 高低速二段送り
    下降速度を高速と低速の二段に分け、任意の位置で切り替え可能(絞り弁との併用をお勧めします。)
  4. 加圧確認スイッチ
    1プレス毎に下降端の圧力上昇を確認し、設定圧力に達しているかを判定、達している場合はOKランプが点灯します。
  5. 荷重管理装置
    圧入(カシメ)荷重を毎回測定し、設定荷重内であるかどうかを判定、OK/NGを表示します。(チェックマン 型式:CM-5-10U装着
  6. 補高台(50mm/100mm/150mm)
    標準オープンハイトを、300mm・350mm・400mmにする事ができます。
  7. 光線式安全装置
    プレスラム作動中、光線が物理的にさえぎられると、即時にプレスラムが停止し、作業者の安全を確保します。
  8. 架台
    標準仕様と特殊仕様があります。


*1
オイルクーラーの取り付けについては、各機種の能力表に基づき決定します。
*2ラム下降絞り弁はL/LH型には取り付けられません。ただし、高低速二段送りと併用した場合は取り付け可能です。

必ずお守りください

事業者の責任

この機械は、労働安全法(法)および労働安全衛生規則(則)により、この機械の使用者である事業者に、主として次の義務が課せられています。

  • 計画の届け出: 「機械等の設置・移転・変更届け」を行うこと。(法第88条、則第85条等)所管の労働基準監督署に届け出し、安全性のチェック、指導を受けます。
  • 作業主任者: 資格のある作業主任者の選任を行うこと。(法第14条、則第16条) 作業主任者の職務(則第134条等)
    1.機械や安全装置の点検
    2.異常を認めたときの必要な措置
    3.切り替えキースイッチのキーの保管
    4.型交換および調整作業の直接指揮
    (規定第3条)
  • 安全教育: この機械を初めて取り扱う作業者への安全教育(則第35条)、また、金型交換や調整作業にあたる作業者に対しては、テキスト「プレス作業者安全必携」による教育を行うこと。
    (則第36条、安全衛生特別教育規定第3条)
  • 作業前の点検: 作業開始前の点検を行うこと。(則第136条)
    機器の故障や不具合を早期に発見し、異常を認めた時は補修その他必要な措置をとり、事故を防ぐために行います。
  • 特定自主検査: 有資格者による法定検査を、年一回以上実施すること。(則第135条等) 検査の結果の不具合は補修し、検査結果と補修記録を保管してください。

 

日立オートモティブシステムズ㈱

下記サイトでアツギ油圧プレスの詳細情報をご確認いただけます。

http://www.hitachi-automotive.co.jp/products/aft/aft_05/index.html


お問い合わせはこちらTel.03-3265-5437 Fax.03-3265-5430

お問い合わせ・資料請求窓口

PAGE UP


Copyright ©2005-2018 Fuji Controls Co.,Ltd. All rights reserved.