HOME > プレス機 > エアープレス

エアープレス

カシメや圧入、打ち抜き、曲げ、絞り加工など広範囲にご使用いただけます。エアープレスは、衝撃荷重を避けたい製品に最適です。

製品紹介 エアープレス

特長卓上エアープレス機

 

  • 突起を少なくしたシンプル構造
    設置・取付が簡単な省スペース設計
  • 耐久性の高い安定作動のなめらかシリンダ
    (低摩擦タイプパッキン採用・kNタイプのみ)
  • 充実のオプション
    (カウンタ付タイマーボックス、荷重管理装置、光線式安全装置、非常停止スイッチなど)
  • プレス下降速度を自由に調整可能なスピードコントローラ付き
  • 彫刻表示付、下死点調整用ストッパ 
  • 型合わせがスムーズなインチング操作バルブ 
  • エアー機器も標準装備



*写真はFCP-C-5KN、FCP-C-10KN

仕様 エアープレス(標準型)

型式 出 力
(kN)※1
ストローク
(mm)
オープン
ハイト
(mm)
リーチ
(mm)
シャンク寸法
(穴径mm×
深さmm)
エアー
消費量
(L(ANR))※2
質量
(約kg)
VM-60(オープンハイト可変型) 0.46~1.16
25~50 60~245 90 直径15H9×35 1.4 27
VM-80(オープンハイト可変型) 0.88~2.20 25~50 50~235 90 直径15H9×30 2.8 31
FCP-C-2KN 0.81~2.03 75~100 320 100 直径15H9×35 6 98
FCP-500 1.45~4.84 25~50 150 95 直径15H9×35 3.7 55
FCP-C-5KN 2.26~5.65 75~100 320 100 直径15H9×35 15 100
FCP-1000(タンデムシリンダ) 4.52~11.30 25~50 220 95 直径20H9×40 11 76
FCP-C-10KN(タンデムシリンダ) 4.52~11.30 75~100 320 100 直径15H9×35 22 105

※1 エアー圧力:0.2~0.5MPa時 (単動型は、25mmストロークにて)
※2 エアー消費量はエアー圧力0.5MPaにて、フルストローク(1サイクル)運転時の計算値です。

エアー回路図






製品紹介 アトミックプレス(エアーハイドロ型)

特長

 

  • スピードのエアープレスとパワーの油圧プレス。長所を合体した省エネ設計。
  • エアーで油圧を作動させるエアーハイドロブースター機構により驚きの低エアー消費量。
  • 油圧ポンプがありませんから、長時間の加圧が可能。
  • 保守性重視の機器配置。
  • 荷重管理装置(ロードセル)との組み合わせにより品質管理と同時に加圧力制御が可能。

 

 

 



*写真は荷重管理装置(オプション)付きQCP-2-10C(ALP-10C+CP-2-10U

仕様 アトミックプレス (エアーハイドロ型)

型 式 出 力
(kN)※1
ストローク (mm) パワー
ストローク (mm)※2
オープン
ハイト
(mm)
リーチ
(mm)
シャンク寸法
(穴径mm×
深さmm)
エアー
消費量
(L(ANR))※3
質量 
(約kg)
ALP-5C 7.7~46.0 max100 max10 315 115 直径32H9×45 22 400
ALP-10C 15.5~92.6 max100 max10 315 180 直径32H9×45 40 550

※1 エアー圧力:0.2~0.5MPa時 (下記出力表参照)
※2  「パワーストローク」とは、最大ストローク内で実際の出力が発生する距離を表します。
※3 エアー消費量はエアー圧力0.5MPaにて、フルストローク(1サイクル)運転時の計算値です。

出力表

 

お問い合わせはこちらTel.03-3265-5437 Fax.03-3265-5430

お問い合わせ・資料請求窓口

PAGE UP


Copyright ©2005-2017 Fuji Controls Co.,Ltd. All rights reserved.