HOME > ロードセル > 圧入作業と荷重管理について

圧入作業と荷重管理について

部品の圧入では、 品質管理上「抜け」「トルク不足」「かじり」などが問題となります。とくに、「抜け」対策は困難を極めます。しかも、圧入した部品すべてに抜去力の試験を行うことは不可能です。しかし、 抜去力と相関関係がある圧入力)の良否判定を作業と同時に行うことで、抜去力検査を代替し、これにより全数検査が可能となります。この手法はISO、QSに対応する上で、重要なポイントとなります。

上述の内容に基づき、圧入力の良品範囲の上限値、下限値を決定する方法について具体的にご説明いたします。なお、以下に述べるテストは弊社荷重管理装置チェックマンを使用し、お客様のご協力により実際のワークにて行ったものです。

圧入力…「圧入時のピーク荷重値」または「圧入終了直前の荷重値」のこと。以下、それぞれ「ピーク値」「エンド値」と称します。

1.データ作成

圧入製品は多種多様です。荷重管理導入前にデータを取ることは不可欠といえます。

  • 試験用の部品(圧入前のもの)を用意します。まず,それぞれの組に番号をつけておきます。
    ここでは№1~№25とします。
  • それぞれの組を順々に圧入し、チェックマンによりその時の圧入値(ピーク値)を測定し、
    あらかじめ用意した表に記入します。(下記参照)
  • 次に、圧入した部品を実際に抜いて抜去力を測定します。この値も表に記入します。
No. 圧入値( ピーク値) 抜去力(ピーク値)
1 1 . 3 9 1 . 9 4
2 1 . 2 5 2 . 1 0
3 1 . 2 4 2 . 0 6
4 1 . 0 4 1 . 6 0
5 1 . 3 0 2 . 2 0
6 0 . 8 9 1 . 3 2
7 0 . 6 8 0 . 8 2
8 1 . 1 0 1 . 6 8
9 1 . 5 7 2 . 2 4
10 1 . 4 5 2 . 0 4
11 0 . 7 6 1 . 2 5
12 1 . 0 3 1 . 5 4
13 0 . 6 5 0 . 9 8
14 1 . 1 2 1 . 8 9
15 0 . 7 5 1 . 1 0
16 1 . 2 1 1 . 7 6
17 1 . 1 9 1 . 6 6
18 0 . 9 5 1 . 4 1
19 1 . 2 8 2 . 0 9
20 0 . 8 7 1 . 2 5
21 0 . 9 5 1 . 4 5
22 1 . 0 1 1 . 3 2
23 1 . 0 8 1 . 7 4
24 0 . 8 7 1 . 1 5
25 1 . 1 8 1 . 4 6

データ作成


単位:kN

2.グラフ作成

  • X軸を圧入ピーク値、Y軸を抜去力としたグラフに、前項1で作成した表のそれぞれの計測値を記入します。例えば、No.1のサンプルならX軸の1.39kNとY軸の1.94kNの交わる点をグラフに記入します。この要領で25個のサンプルの値を書き込みます。
  • こうしてできたのが右記のグラフです。
  • 圧入値(ピーク値)と抜去力の関係

  • 右のグラフから抜去力と圧入ピーク値が相関関係にあることがおわかりいただけるでしょう。
  • 仮に、この製品で保証しなければいけない抜去力の範囲が1.0~2.0kNとすると、このグラフから対応する圧入値はおおよそ0.6~1.2kNとわかります。
    この値を荷重管理装置の上限値・下限値に設定します。

3.回帰分析

次のように回帰分析を行うことにより、「圧入値-抜去力」の正比例直線を求め、前項2の内容よりも正確な上限値と下限値を得ることが可能です。

※パソコンの表計算ソフト(Excelなど)を利用すると簡単に計算できます。

No. 圧入値
( ピーク値)
抜去力 予測値
1 1 . 3 9 1 . 9 4 2 . 0 9 5 1
2 1 . 2 5 2 . 1 0 1 . 8 7 7 8
3 1 . 2 4 2 . 0 6 1 . 8 6 2 2
4 1 . 0 4 1 . 6 0 1 . 5 5 1 7
5 1 . 3 0 2 . 2 0 1 . 9 5 5 4
6 0 . 8 9 1 . 3 2 1 . 3 1 8 8
7 0 . 6 8 0 . 8 2 0 . 9 9 2 7
8 1 . 1 0 1 . 6 8 1 . 6 4 4 9
9 1 . 5 7 2 . 2 4 2 . 3 7 4 6
10 1 . 4 5 2 . 0 4 2 . 1 8 8 3
11 0 . 7 6 1 . 2 5 1 . 1 1 6 9
12 1 . 0 3 1 . 5 4 1 . 5 3 6 2
13 0 . 6 5 0 . 9 8 0 . 9 4 6 1
14 1 . 1 2 1 . 8 9 1 . 6 7 5 9
15 0 . 7 5 1 . 1 0 1 . 1 0 1 4
16 1 . 2 1 1 . 7 6 1 . 8 1 5 7
17 1 . 1 9 1 . 6 6 1 . 7 8 4 6
18 0 . 9 5 1 . 4 1 1 . 4 1 1 9
19 1 . 2 8 2 . 0 9 1 . 9 2 4 3
20 0 . 8 7 1 . 2 5 1 . 2 8 7 7
21 1 . 2 4 2 . 0 6 1 . 8 6 2 2
22 1 . 5 7 2 . 2 4 2 . 3 7 4 6
23 0 . 7 5 1 . 1 0 1 . 1 0 1 4
24 0 . 8 9 1 . 3 2 1 . 3 1 8 8
25 1 . 1 8 1 . 4 6 1 . 7 6 9 1
回帰統計
重相関R 0.9294
重決定R2 0.86378
補正R2 0.85786
標準誤差 0.15098
観測数 25

回帰分析について

あるデータの集合が別のデータの集合と相関関係にあるかどうかを分析する方法です。
例えば、ある大型電気店でエアコンを販売していて、翌日の売り上げを予測したいとします。エアコンの売り上げは、その日の温度、日照時間等のいくつかの要因に影響されます。これらの要因を独立変数と呼び、売り上げは独立変数の値に従属するため従属変数と呼ばれます。独立変数と従属変数の間に十分な相関関係があれば、独立変数の値に基づいた売り上げの予測ができるわけです。


単位:kN

回帰分析による圧入値(ピーク値)と抜去力の関係

上の表を基に作成したのが
右のグラフです。
このグラフから、前述の設定値の正確な値は、抜去力の下限値1.0kNと上限値の2.0kNをそれぞれなぞり、圧入値の下限値が0.7kN、上限値が1.3kNと割り出せます。


矢印 ロードセル製品紹介

お問い合わせはこちらTel.03-3265-5437 Fax.03-3265-5430

お問い合わせ・資料請求窓口

PAGE UP


Copyright ©2005-2017 Fuji Controls Co.,Ltd. All rights reserved.