HOME > ロードセル 荷重管理装置

求められるクォリティを実現する高精度なプラスがここにある。

ロードセルと荷重管理装置

プレスメーカーの経験から生まれた高精度ロードセル。測定範囲も0.1N(10gf)~300kN(30ton)と多種ご用意しました。小型、薄型など作業環境に合わせて、お選びいただけます。ここでは、導入事例等をご説明します。

矢印 測定器

矢印 ロードセル製品

ロードセル用語の定義

工業用の計量器などの精度の高い秤や品質管理として利用されているロードセル。そのメカニズムである、定格荷重や印加電圧について解説します。

矢印 ロードセル用語の定義

ロードセル導入事例

富士コントロールズのロードセルは、携帯電話やDVD-ROM、モーター組立、自動車・二輪などのダイカスト製品への圧入、コネクタ圧入、粉体成型、抜き、曲げなど、さまざまなシーンで採用されています。

矢印 ロードセル導入事例

圧入作業と荷重管理について

圧入力の良品範囲の上限値、下限値を決定する方法について具体的にご説明いたします。

 

矢印 圧入作業と荷重管理について

荷重管理とは

材質、形状、較差、温度等様々な要因で抜去力と圧入(カシメ)力は変わってまいります。
プレス加工にてワークに実際かかった荷重をロードセルにて測定し、「良否判定」を行う品質管理のことです。

矢印 荷重管理とは

お問い合わせはこちらTel.03-3265-5437 Fax.03-3265-5430

お問い合わせ・資料請求窓口

PAGE UP


Copyright ©2005-2018 Fuji Controls Co.,Ltd. All rights reserved.